忍者ブログ

The place to which it returns~帰る場所~

つらつらとFF5バツレナ自己満足小説を書いております。 その他小ネタやら何やら増えるかもしれません…

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

FINAL FANTASY parallel~女神様は微笑まない~

寒くなってきましたね。こちらはとても、とっーーーてもーーー寒いです><;
はなむずずるずる…。皆様は体調管理気を付けて風邪引かないでくださいね。(私の様になってはいけないっ!!)
皆様のお優しい拍手ありがとうございます。嬉しくて(*´σー`)エヘヘ

今回の作品は、ただのパラレルFF5です。レナの性格がちょっと?お茶目です(笑)
出会いがあの隕石の場面ではなく、少し特殊な出会いです。そしてレナが訳あり。バッツはとある目的のためにレナと出会った…と言う感じのパラレル作品です。
あくまで、パラレルです。まぁ、FF5とは別な感じの作品として生暖かい目で見てください。
ただお茶目な感じのレナを書きたかっただけです(笑)

因みに続く予定はありません。


※11月26日追加です
11月20日の拍手コメントさせて頂きました。遅くなってしまいまして申し訳ありません。
コメントの返信LinkはTOPの注意書きにあります。



FINAL FANTASY parallel~女神様は微笑まない~



満月の夜――青白い月明かりが、儚げに少女を照らしていた。
肩まで掛かっているサラサラ桜色の髪。ふっくらとした真っ赤な唇。愁いを帯びた翡翠色の瞳。白い肌は月明かりに照らされ、それはまさに神聖な存在。月の女神のようだ。
しかし、そんな美しさには相応しくない表情を少女は浮かべている。

深い、深い―――深海の海よりも深い溜息。
それはこれから起こるであろう“事”の重さが原因だった。

分厚い書類を机の上に置くと少女は静かに窓辺に移動した。
かちりと鍵を開け、窓を開放すると、部屋一杯に新鮮な風の香りが充満した。ふと少女が空を見上げれば、変わらない風景がそこにあった。

真っ暗な闇の中。光り輝く無数の星と月の光。


ゆったりと瞳を閉じると、さわさわと心地よい風が頬を撫でる。木々や草花が揺れる音。虫達の声。何処か遠くで泣いている動物達の声。


人々が、様々な“生”が住まう世界―――

この美しい世界を―――なんとしても守らないといけない。


閉じられた瞳をレナはゆっくりと見開いた。何かを決意したかのように頷くと、小さな手をきつく握りしめる。
迷っては居られない。今こそ行動に移さなければ、何時。誰が、それを成し遂げると言うのだろう。
顔を上げたその時だった。何か大きな黒い影がレナの目の前を――――「え…?」

そう言うのか、顔を驚かせたのが先か。レナの瞳の中に蒼が広がった。
「わっ」と言う声と同時に、ドスンと言う音と鈍い痛み。何が起こったのか確かめようと、手探りで目の前にあるそれに触れる。

ごわごわとした感触――如何やら落ちてきた“人”が自分に覆いかぶさっているようだ。
懸命にか細い両腕を、相手の肩に押し付け引き上げようとした時。落ちてきたであろう“人物”と目が合った。


「・・・」

「・・・」


何度も瞳をぱちくりさせる。息を呑む事すら、呼吸すら出来ない。
まるで時が止まったかのような―――そんな刹那の瞬間。息をする事すら忘れてしまい…

一時だけ固まって、我に返る。


今、自分の目の前に居る人は・・・誰?

ぼんやりとした表情で、レナは目の前に居る人物を見つめた。
無造作に伸ばされているぼさぼさの茶色の髪。印象的な蒼い瞳の…おとこの・・・ひと?


お、男の人ぉぉ――――!?


さぁーっと男の顔が青ざめると同時に、「キャ―――むぐむぐっ・・・」口を大きな手で塞がれた。

「あー、その。行き成りごめん。何かここすげぇ広くて、迷ってさ。俺、何もしないから…だから、取りあえず話だけでも聞いて欲しい」

口が塞がれ喋る事が出来ないながらも、ちらりとレナは男を見つめる。瞬きもせず、ただじっと見つめ続ける。
底知れない何かお思わせる翡翠の瞳に、ギクリと蒼の瞳が揺れた。


「ごめん。その…落ち着いた?」

必死な説得で、男がレナに言葉を伝える。
こくりと小さく頷くレナが頷くのを確認した男は、そっと手を離し―――…「キ―――…むぐっっ―――・・・・!!」

「危害を加える気、本当に無いから。だから、叫ばないでくれ…」

妙にあたふたとしながら男がそう言うものだから、レナは取りあえず落ち着いた。
確かに彼が自信に危害を加える気があるとすれば、もう少し穏便に事を運ぶだろう。見たところ彼は丸腰だ。自分の命を狙ってここまできたにしては少し様子がおかしい。

眉を寄せ困っている青年を、レナは暫く見つめていた。

悪い人……ではなさそうだ。
理由があるのだろうか?話を聞くだけ聞いた方が良いのだろうか。
しかし今、自分がここで何か問題を起こせば、事態はもっと大変な事になりそうで…

普段ならこんなに人を疑う事なんて、ないのにな…とレナは少し悲しい気持ちになった。

ぼんやりとそんな事を思っていると、バタバタと駆けつける足音と、扉を叩くノックの音。
大きな音がしたので、何事かと駆け付けたのだろう。思っていたよりも早い到着に、レナはやはりと確信をもった。


「(やはり、このままでは…)」

レナの表情を見た青年の顔が青ざめる。それを見たレナは、思いついたかのように口元に人差し指を当てた。

「レナ姫、如何かしましたか!?何やらすごい音が―――「大丈夫、何もないわ。机の上にあった物を全部落としただけよ…」

ぴしゃりとそう言ったレナを、「何故?」とばかりに男が見つめている。
あんなに慌てて弁解していたと言うのに、そんな顔をされたものだから、レナは少しだけ可笑しくなってしまい。はにかむように微笑んだ。

やがて静かに足音が遠ざかり、消えて行った。



暫くの静寂の後。一番先に口を開いたのは男の方だった。

「何故、何も言わなかったんだ?」

「何故…って、話を聞いてくれって言ったでしょう?」

「あー、うん。確かに言ったけど、俺の事、信用して良いの?」

もっともな質問を投げかける。
侵入してきてこんな事を言うのも如何だろうとは思うが、彼は純粋にそう思っているのだろう。

「私を殺そうと思えば、今できるでしょう?貴方はそれをしようとしないし…」


何より―――…

気づかれない様に、レナは男を見つめた。

初めて会った時も思った。
心の奥底で感じる違和感。この違和感は一体……


「それに…ふふっ。侵入者ならもっと静かに侵入するはずだし・・・」

「まぁ、確かに…」

くすくすと笑いながら言うレナに、ぐうの音も出ないのだろう。男はがりがりと無造作に後ろ頭を掻くと、肩を落とした。


「私の名前はレナ。レナ・シャルロット・タイクーンよ…」

「俺はバッツ。バッツ・クラウザーだ。世界を旅してる」

「そう…バッツ」

何かの言葉に反応しているようなレナだったが、それに気づく事無くバッツは話を続けた。

「レナは、タイクーンの姫だよな?でもここって…」

「あら…知っていて侵入したんじゃないの?でも、見ての通り、ここはタイクーン城じゃないわ。ええっと、話せば長くなるの…」

そう言う少女の顔は、これ以上踏み込まないで言う表情だった。
これ以上何を言っても無駄だと思ったバッツは、それ以上何も言う事無く「そうか…」とだけ言うと本題に入る。

「話を聞いてってバッツは言ったわよね。それってこの城に関わっている事?」

「ああ。実は大切なものがここの城の主に手違いで渡ってしまってね。返せと言っても聞く耳持たないんだ…」

「それを取り返しに来たのね」

レナの言葉にバッツがコクリと頷く。
彼の頷きを肯定だと認識したレナが、言葉を続ける。

「取引したいの。貴方の大切なもの、私ならきっと取り返せるわ…」

「それは理解できたけど、レナの望って―――」

彼女は王女様で、王族だ。大抵の事なら何でも叶うだろう。
何だかしっくりこない。“王女様の願い“そんな大それた事を、果たして自分で叶える事が出来るのだろうか…

「俺にできる事なんてないと思うけどな…」

「今、叫ぼうと思えば叫んで……」

少しからかうかのように、うふふとレナは微笑む。
それを見たバッツは、慌てて何度も首を横に振り。肯定とばかりにこくこくと頷いた。

「分かった。分かったから。うぅ…。それで俺に頼みたい事って?」

嫌な予感しかしない。長年旅をしてきた旅人の勘(?)がそう告げている。これは危険だと。
関わるのは危険だと…
しかし、“アレ”の事を考えると…致し方がないだろう。

コクリとバッツが頷くのを見たレナが「ありがとう」と小さく言うと、両手を組んで上目づかいで男を見つめた。


「私をここ(城)から出してほしいの」


・ ・ ・ ・。


「・・・はい?」

一瞬。何を言われているのか意味が分からなかった。

ここ(城)から…彼女を………出す?

それって、つまりは―――…


「俺に、誘拐犯になれと!!?」

呟いたバッツを見つめながら微笑んでいる少女の表情は、まるで美しい女神様の微笑のようで……否。違う。これは微笑ではない。彼女は微笑んでいない。
もっと何か。別な何かを感じるのは……気のせいだろうか?

「はははっ」と、乾いた笑いを浮かべるバッツの表情とは真逆に、レナの表情はとても健やかだった。


―――彼らの長い長い旅が、ここから始まる。


拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

プロフィール

HN:
蒼月美月
性別:
女性
職業:
サービス・接客業
趣味:
寝る事は趣味ではありませんか?
自己紹介:
口癖は「オナカスイタ…」です。
いつもの事なんです。

カレンダー

03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

何かありましたらこちらから…

バーコード

ブログ内検索

アクセス解析

忍者アナライズ

Copyright ©  -- The place to which it returns~帰る場所~ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]