忍者ブログ

The place to which it returns~帰る場所~

つらつらとFF5バツレナ自己満足小説を書いております。 その他小ネタやら何やら増えるかもしれません…

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

クリスタルと愉快な戦士たち~紙一重な恋心~

居ますよーーー!ワタシハココニイマスヨォォォォーーーー!!
まだまだ風邪が流行しているみたいですね。体調が思わしくない感じですが、食欲は全快の不思議です。
最近作品が増えてきましたので少し整理もかねてサイトを新しく…と考えております。
見にくい。見たい作品に飛ぶのが面倒。もっと見やすくして。と、言うお方は、遠慮なく管理人に言ってください……なるべくソフトにお願いします(え?)ガラスのハートより脆いのが管理人のハートです。
そして、皆様の温かい拍手、本当にありがとうございます。あんな駄文に…
嬉しくて(´;ω;`)ブワッ
拍手コメントお返事はお知らせ(TOP)にありますので、そちらからお願いいたします。

今回のお話は、レナが風邪引いて倒れてしまったお話です。以前書いたバッツの風邪引きと似たり寄ったり?…と、言っておりますが、実は管理人の体調が悪くて思いついただけのお話です(如何言う理屈かは、聞かないでやってください)
バツレナより、今回のタグは、クリスタルと愉快な…でも良かったかな?
ああ、すみませんこちら(管理人の都合)のお話です(え?)



朦朧とする意識の海

伸ばした指先の先にあったのは、私の好きな蒼色―――



クリスタルと愉快な戦士たち~紙一重な恋心~



ぼんやりとした意識の中、瞳に映った見慣れない天井。曖昧な記憶を辿り行き着いたのは目覚めて感じた全身の怠さと、ずきずきと痛む頭。
深い息を吐けば、熱いと息が零れた。


「(ああ。私、確かあの時…)」

そう思いながら視線を横にずらせば、腕を組みながら瞼を閉じている青年が居た。
規則正しい呼吸のリズムを奏で、コクリ。コクリ。と、夢の端を渡っている。

きゅっと結ばれた唇。刻まれた眉間の皺。
あまり見る事が無い青年の表情が珍しく、少女は思わず手を伸ばすが、寸での所で止めてしまった。
青年を見つめ考えた少女は、暫くの間をおいてやがてくすりと苦笑いを零した。

微かな音を感じたのか、青年は慌てて少女の方を見つめる。


「レナ!大丈夫なのか!!」

よほど慌てていたのか。前のめりにつんのめる形になり、バランスを崩して椅子から転倒してしまった青年は、「いてて…」と、後ろ頭をガリガリと掻きながら気まずそうに少女――レナの方へと視線を向けた。

青年の慌てようが、可笑しくも、嬉しくもあり。レナはこくりと頷ずくと、小さく青年の名を呼んだ。


「バッツ。わたし、どうして―――…」

虚ろな表情で、途切れ途切れの言葉。
鳥のさえずりのように美しかった声は擦れ。吐息は熱を含んでいる。ゆらゆらと揺れる宝石のような翡翠の瞳は、心なしか潤んでいた。


「っ―――…」

そんなレナを見て、どきりと青年―――バッツの心臓が跳ねた。
「(いやいやいや!そんなやましい気持ちは)」と、何度も首を振り懸命に“それ”を否定するが、言い訳すればするほど恰好が悪くなるのは、気のせい…否。気のせいではないだろう。

如何する事も出来ない心に乱れに、バッツはこくりと喉を鳴らすと、まくし立てるかのように早口で言葉を繋いだ。


「あ、あのさ。レナ熱があって、風邪だと思うんだけど、あ、風邪で…だな。それで、過労も重なって倒れたんだろうって。それで、近くの宿に運んで、ファリスとクルルが今、必要な物を調達してくれて。それで、俺はレナの側に居るようにって言われてさ…って、あ!病人の目の前で寝るって、俺最悪だな…ごめん、」

一気に言葉を言ったせいか、バッツは息を切らしている。ぜいぜいと、肩を揺らすほどの荒い呼吸。
バッツの早口と慌てぶりに、レナは言葉を失い。何度か瞬きを繰り返すと、くすくすと笑い。ああ、彼らしい…と、ホッとした。


「私はもう大丈夫よ。でも、迷惑かけて、ごめんね?」

皆も度重なる戦いに疲れているだろうに…とレナは表情を曇らせた。切なそうに言われた言葉に、バッツは胸がちくりと痛むのを感じた。

いつも皆を心配して、人の為に頑張って、優しさを…いたわりを与える彼女。こんな小さな身体の何処に、そんな力があるのかと、時々不思議に思っていた。
無論それはタイクーンを治める為の教育のたまものと言えば、それはそうなのだろうが…共に旅をして、少し違うような感じもした。

儚くて、優しげで、か細くて…初めて出会った時は、そう思っていた。
だが、その考えは少し間違っているのかもしれない。違う思いなのかもしれない。

本当の彼女は、きっともっと―――…


バッツが優しく桜色の髪を撫でると、レナは恥ずかしそうに視線を背けた。
優しく、何度も頭を撫で、愛しむかのように頬を撫でられた時―――何かを言いたげに、一瞬だけレナが視線をこちらに向けるが、「(見なかった事にしょう)」と、バッツは心の中で一人自己解決し、無言の抗議は呆気なく終了してしまった。


「迷惑なんかじゃない。皆レナが好きだから…」


好き、だから。大切だから―――…


「だから、笑って…」

笑いながらそう言う彼が、優しく頭を撫でてくれるものだから、優しく笑ってくれるから……

じんわりと瞳に滲んだ涙を、武骨で大きな手が優しく包んでくれる。
温かい感触に、優しい感触にレナはゆっくりと瞳を閉じ、頬を包み込んでいる大きな手と自分の手を重ね合わせた。


「ありがとう。バッツ…」

見つめ合う互いの息が近くなる。

重なっている互いの手から感じた熱と、じんわりと感じた汗。
レナの唇がゆっくりと青年の名を呼んだ時。翡翠の瞳に映った色が蒼く染まり―――ガタンと音と共に時が止まった。


「なにをしているんだい?バッツくん…」

「あー。二人して何をしていたのー?怪しいんだ~~」


「「 ・ ・ ・ 」」


フリーズしている二人の時を戻したのは、ファリスの冷酷なまでの殺気と、面白そうなものを見たと言うクルルの声。


「……何で、レナが泣いているんだ?」


名を言われたレナが、ひゅっと肩を揺らし、何かを言いたげにふるふると首を振るが、動転しているためか声が出せず、言葉も出ない。
「ふーん…」と今まで聞いたことがない様な冷たい声。そして、冷徹なまでの殺気と、どす黒い視線。


怖い。怖いのですが…


「はは…」っと笑うが、たらりとバッツの背中に冷たい汗が伝う。


「それよりも、レナから離れようか。変態…」

「へっ!?」・「えっ!?」

間の抜けた返事をした二人の間を容赦なくすっぱりと割り。にっこりとほほ笑みを浮かべながら、バッツの首根っこを掴み「貴様を殺害しよう」と微笑を浮かべたファリスは、バッツと共に扉の向こうへと消えて行った。

残されたレナは、少々気まずい空気をかもしだし、そわそわと視線をあちこちに漂わせていた。しかし、クルルは気にする事無く無邪気に笑う。


「レナの顔、凄く赤いよ…」

「―――!!」


声にならない声。抗議しようにも、声が言葉にならない。涙目で小さな少女を見つめたレナは、ぱくぱくと金魚の様に口を開け閉めしている。
それを見たクルルは、にんまりと笑みを零し、満面の笑みで「風邪の所為…なの?」と直球の言葉をレナに投げた。

「っ―――!」

ぼっと音が出たのではないかと言う位に顔を赤くしたレナは、恥ずかしさから、全てを隠すかのように毛布に顔を埋めた。



心臓がドキドキして、呼吸をする事すら出来ない。
これは風邪の所為?それとも貴方に恋をしているから?


―――ああ。何て、紙一重な恋。



如何か、如何か…この胸の高鳴りが


この熱が


風邪の所為でありますように―――…


拍手

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

プロフィール

HN:
蒼月美月
性別:
女性
職業:
サービス・接客業
趣味:
寝る事は趣味ではありませんか?
自己紹介:
口癖は「オナカスイタ…」です。
いつもの事なんです。

カレンダー

03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

何かありましたらこちらから…

バーコード

ブログ内検索

アクセス解析

忍者アナライズ

Copyright ©  -- The place to which it returns~帰る場所~ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]